さんしたとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > さんしたの意味・解説 

さん した [0] [4] 【三下】

( 名 ・形動
三下奴」の略。
取るに足りないさま。また,そのような者。 「 -な野郎たあちがふによ/洒落本船頭部屋


算した、賛した、産した、参した、讃した

読み方:さんした

サ行変格活用動詞算する」「賛する」「産する」「参する」「讃する」の連用形である「算し」「賛し」「産し」「参し」「讃し」に、過去・完了存続確認助動詞「た」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

三下

読み方:さんした

  1. さんしたやつこ(三下奴)の略、博徒の最も下等なるもの。
  2. 表番(見張)、下足番使番等を為す者の階級
  3. 三下奴の略で、博徒最下級のもの。

分類 賭博

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「さんした」の関連用語

さんしたのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




さんしたのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2014 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2014 Weblio RSS