ハレンチ学園 ハレンチ学園の概要

ハレンチ学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 14:50 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ハレンチ学園
ジャンル ギャグ漫画学園漫画
漫画:ハレンチ学園
作者 永井豪
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
レーベル ジャンプコミックス
発表期間 1968年8月1日創刊号 - 1972年9月25日41号
巻数 13巻
その他 サイドストーリー「ヒゲゴジラ伝」
テレビドラマ:ハレンチ学園
原作 永井豪
監督 丹野雄二、柴田米幸、飯塚二郎、柳瀬観
脚本 久保田圭司、鴨井達比古
制作 東京12チャンネルピロ企画日活
放送局 東京12チャンネル
発表期間 1970年10月1日 - 1971年4月1日
話数 全27回
その他 オープニング・エンディングはアニメーション
小説:小説ハレンチ学園
原作・原案など 永井豪
著者 永井豪
イラスト 永井豪
出版社 集英社
レーベル 集英社文庫 コバルトシリーズ
発行日 1983年11月、1983年12月、1984年4月
巻数 全3巻
その他 ISBN 978-4-08-610618-4
ISBN 978-4-08-610624-5
ISBN 978-4-08-610658-0
映画:ハレンチ学園
原作 永井豪
監督 丹野雄二
脚本 山崎巌鴨井達比古
音楽 山本直純
製作 日東プロ=ピロ企画
配給 日活
封切日 1970年5月2日
上映時間 82分
映画:ハレンチ学園 身体検査の巻
原作 永井豪
監督 丹野雄二
脚本 山崎巌鴨井達比古
音楽 山本直純
製作 日活
配給 ダイニチ映配
封切日 1970年8月1日
上映時間 85分
映画:ハレンチ学園 タックルキッスの巻
原作 永井豪
監督 林功
脚本 鴨井達比古
音楽 鏑木創
製作 日活
配給 ダイニチ映配
封切日 1970年9月12日
上映時間 83分
映画:新・ハレンチ学園
原作 永井豪
監督 林功
脚本 山崎巌鴨井達比古
音楽 鏑木創
製作 日活
配給 ダイニチ映配
封切日 1971年1月3日
上映時間 82分
OVA:平成ハレンチ学園
原作 永井豪
監督 村松弘之
脚本 武上純希
製作 徳間ジャパンコミュニケーションズ
ピンクパイナップル
発売日 1996年2月2日、1996年3月1日
収録時間 82分
その他 DVDボックスが2007年2月23日に発売。
テンプレート - ノート

  1. ^ a b 竹内オサム『戦後マンガ50年史』筑摩書房、1995年、p.99。
  2. ^ 竹内オサム「マンガの差別・発禁・規制の事件史」『誌外戦』コミック表現の自由を守る会編、創出版、1993年、p.122。
  3. ^ a b 中村紀、大久保太郎「漫画の事件簿 漫画と社会、激闘の歴史50年」『まんが秘宝 つっぱりアナーキー王』洋泉社、1997年、pp.194-196。
  4. ^ 竹内オサム『戦後マンガ50年史』筑摩書房、1995年、p.132。
  5. ^ a b 西村繁男『さらばわが青春の『少年ジャンプ』飛鳥新社、1994年、p.155
  6. ^ a b 西村繁男「IV ヒット作の舞台裏 (1)一九六八年〜一九七〇年 模索と試行の創刊」 『まんが編集術』白夜書房、1999年4月25日、ISBN 4-89367-595-8、100頁。
  7. ^ 石子順造『戦後マンガ史ノート』紀伊國屋書店、1980年、p.154
  8. ^ 『永井豪クロニクル』ゼスト、1998年、p.56。
  9. ^ a b 永井豪『漫画家』実業之日本社、1992年、p.149-150。
  10. ^ 『激マン!』デビルマン編第12話(単行本第2巻収録)
  11. ^ 『いきなり最終回 PART2』(JICC出版局ISBN 4-7966-0134-1)インタビューより。
  12. ^ 1作目の役名は「佐東アユ子」
  13. ^ 吉野健三『歌謡曲 流行らせのメカニズム』晩聲社 (ヤゲンブラ選書) 、1978年、244頁。同書113頁に1978年9月5日時点のものと記載。
  14. ^ 森達也『放送禁止歌』光文社知恵の森文庫、2003年 pp.71 ISBN 9784334782252


「ハレンチ学園」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハレンチ学園」の関連用語

ハレンチ学園のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハレンチ学園のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハレンチ学園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS