タンゴ 拍節

タンゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/09 18:21 UTC 版)

拍節

二拍子系

  • 全般的に鋭いスタカートを多用する。2/4拍子ないし4/8拍子で、後年4/4拍子でも書かれる。以下4/4拍子で説明する。
    • 第一拍のアウフタクトに深い「溜め」をおく。
    • 第一拍、第三拍に強烈なスタカートをおく。これを徹底するとオスヴァルド・プグリエーセの『ラ・ジュンバ』(La Yumba)になる。
    • これらを滑らかにスピードアップすると、アストル・ピアソラの3, 3, 2のリズムに違和感なく到達する。[7]
    • 終止の際には第二拍を際立たせる楽団もあるが(この拍へのニュアンスは楽団ごとにかなり異なり共通見解はなく)、第三拍をわずかに打つ。
  • 強靱なリズム体の上に、ロマンティックな、時としてメランコリックな主旋律が泣くのがタンゴの魅力である。
  • 要求されるリズムパターンはTango、Milonga、Habanera、Candombe(少数)、FoxTrot(稀)、の五つである。

三拍子系

  • フランシスコ・カナロやオラシオ・サルガン[8]の楽団には三拍子系の作品のテイクも見られる。
  • 要求されるリズムパターンはValsである。

速度

奏法

弦楽器の騒音的奏法[9]、ヴァイオリン群による集団グリッサンド[10]、バンドネオン本体への打撃、コントラバスのコルレーニョバトゥット[11]、ピアノとバンドネオンのトーンクラスター[12]が典型例だがピアノの内部奏法はタンゴ・アヴァンギャルドを除いて行われることがない。

演奏形態

アルゼンチン・タンゴ

バンドネオンが用いられることが特徴である。また、非常に鋭いスタカートでリズムを刻むにも関わらず打楽器を欠く。オルケスタティピカ[13]に始まりキンテート[14]を通過し、現在はこの枠ではくくれない編成も多い。またバンドネオンなしのピアノと弦のみの演奏もある。ギターの伴奏と歌によるタンゴも、カルロス・ガルデルらが録音を残し高く評価されている。[15]アストル・ピアソラの作品のように、クラシック音楽の演奏家によりクラシック音楽のスタイルで演奏されるものもある。特に、1950年代後半頃からアコースティックギターなども使われるようになってきた。

少しでも伝統を外すと「タンゴのイメージに合わない」・「アルゼンチン・タンゴを騙っているだけ」という苦情が寄せられることも多く、ウルグアイアルゼンチンですら激しい対立があることで有名だが、多種多様な実験が多くの聴衆に受け入れられてきたことも事実なのである。

ヨーロッパのタンゴ

楽器編成は通常のポピュラー音楽での管弦楽編成に近い。ムード音楽的演奏から、マランドのように歯切れの良いリズムを重視したアルゼンチンスタイルに近い演奏までさまざまである。一般的にはアコーディオンが用いられるため、バンドネオンの鋭いスタッカートではなく、オーケストラの分厚いくぐもったスタッカートが多い。

ヨーロッパのタンゴは日本では「コンチネンタル・タンゴ」という和製英語で呼ばれているが、正しい英語では「European Tango ヨーロピアン・タンゴ」と言い、ヨーロッパで大雑把にひとくくりにしたがる人がいても、実際には国ごとにそれなりに傾向は異なり、ジャーマン・タンゴ、ロシアン・タンゴ、フィニッシュ・タンゴ、フレンチ・タンゴ、チロリアン・タンゴ、ダッチ・タンゴ、デニッシュ・タンゴなど各国ごとのタンゴに細分化することも可能である。

北欧フィンランドのタンゴ(フィニッシュ・タンゴ)はどうかと言うと、フィンランドでは1910年代からタンゴ演奏が始まったため、日本より伝統が長い。アコーディオンが使われる。「短調にこだわり哀調を帯びさせる」ことが必須になっており、朗らかさは無く、その点で南欧のタンゴとは異なっている。現在はアストル・ピアソラ国際演奏コンクールの優勝者も輩出するなど、演奏の質の高さには定評がある。毎年必ず行われるTangomarkkinatが有名。

アメリカン・タンゴ

小編成が圧倒的に多い。アルゼンチン・タンゴの中になかった楽器[16]も積極的に取り入れられており、なおかつコンチネンタル・タンゴのような妥協を行わない点が特徴。

ジャパニーズ・タンゴ

かつてはオルケスタ・ティピカ・東京、坂本政一とオルケスタ・ティピカ・ポルテニヤのようなオルケスタ・ティピカを組織するのが一般的であったが、1970年代の低迷期に入ってからは小編成が有力となった。アルフレッド・ハウゼ楽団のようなコンチネンタル・タンゴの人気も日本ではかなりある。1990年代は日本でもアストル・ピアソラが人気を博したこともあり、ピアソラ・スタイルを表面的に模倣した楽団も見られた。1970年から毎年必ず行われる民音タンゴ・シリーズが有名で、同シリーズは2019年時点で50回を重ねている。

かつて[いつ?]のジャパニーズ・タンゴとは「法被を着てバンドネオンを弾き、着物を着て歌を歌い、LPジャケットには富士山が描かれる」といったステレオタイプなもの[17]を指していた。2010年代は、このようなスタイルを日本人がとることは最早ない。

日本は1940年代に戦争の影響で音楽活動が制限されたために、「1940年代こそアルゼンチン・タンゴの全盛期であった」とする現地民と意見が食い違うタンゴ・ファンは今もなお1910-30年代生まれの日本人に多い。日本人にとってのタンゴの黄金期は1920年代末期を完璧に演じきったオルケスタ・ティピカ・ヴィクトルで知られる1927年前後、日本のタンゴ楽団の活動と活発なAM放送による啓蒙で知られる1954年前後、そしてインターネットによる新たなファン獲得に成功した2010年代[18]を印象に残る日本にとっての黄金期と捉える人物が多い。




  1. ^ 世界大百科事典「タンゴ」
  2. ^ それらのスポットは現在の「出会い系サイト」と同様の機能を持つものであった。フランシスコ・ロムートのデビュー曲「El 606」が性病の薬からとられていることは有名であり、彼はこの曲の作曲当時15歳である。
  3. ^ オスヴァルド・プグリエーセ楽団も「アルゼンチンポピュラー音楽フェスティバル」と題されたイヴェントに出演しており、その意味では「ポピュラー音楽」にも分類できる。なお、タンゴにはクラシックを正式に修めた音楽学校卒業者が多数関与している。だがタンゴのヴァリアシオンの連続はクラシック音楽の難易度をはるかに超えていて、クラシック音楽とも同一ではない。
  4. ^ 「continental」という英語は、continent(=大陸)から派生した語であり、あくまで「大陸の」という意味である。Oxford Dictionary[1]などを熟読のこと。「continental」という言葉は、「島 vs 大陸」という対比枠の中で、大陸側を指すための用語であり、「ヨーロッパの」という意味では無い。ヨーロッパには、大陸も半島も島もあるのである。英語の「continental」という言葉には、「ヨーロッパの」という意味は無い。ヨーロッパでも、イギリス人が、(島国のイギリス側でない)「大陸側の」という意味でも使うことはある表現。もう少し具体的に言うと、イギリス人が(「自分たちは、ヨーロッパのメイン・ランドから切り離された島国の人間だ」という意識のもとで)「(島国イギリスもヨーロッパの一部だが)ヨーロッパと言っても、大陸側のヨーロッパ」「本土側のヨーロッパ」という意味でしか使わない。 「コンチネンタル」を「ヨーロッパの」という意味で使ってしまっては、ひどい誤用である(島国のイギリスもヨーロッパの一部なのである)。また、少し頭をはたらかせれば分かることだが、英語圏の人々にとっては、アルゼンチンもまぎれもなく「大陸の国」(南米大陸の中の一国)なので、英語ではアルゼンチンも「大陸の国」「continental」なのである。だから、その意味でも、絶対に英語のネイティブの人々は「continental tango」などという言葉は絶対に使わない。こんな用語では南米大陸のアルゼンチンのタンゴと、ヨーロッパの大陸側のフランスやドイツなどのタンゴを絶対に区別できないからである。アルゼンチンもフランスもスペインも、いずれも大陸の国だから「大陸の」という用語では それらの間で線引きができるはずがないからである。ともかく「大陸の」という用語で、あたかもアルゼンチンのタンゴとヨーロッパのタンゴをうまく線引きできたかのように錯覚しているのは、英語をまともに使えない日本人だけであり、とても滑稽なことである。日本人が「コンチネンタル」という用語で線引きしようとしているのを聞いても、英語のネイティブはただ困惑するばかりである。せいぜい『「大陸のタンゴ」???なんだそれ???(アルゼンチン、スペイン、フランスなどのそれのことか???)、それは「島国のタンゴ」との比較か?「島国のタンゴ」??って、イギリスやカリブ諸島や日本などのタンゴか?。分からん。この人、奇妙な線引きをしたがる人だな。』としか思えないわけである。
  5. ^ ソシアルダンス
  6. ^ Balázs GyenisのDJによるArgentine Tango Radio Budapestはその典型例。
  7. ^ 3.3.2の拍で進行するタンゴはピアソラにより有名だが、伝統的にはこれらはタンゴのイディオムではない。
  8. ^ Alma, corazón y vida-Roberto Goyeneche y Angel Diazなど
  9. ^ サブハーモニクスではなく、弓圧を強めたピッチレスのノイズ
  10. ^ トロイロが使っている。
  11. ^ プグリエーセが使っている。
  12. ^ 1960年代以降プグリエーセが多用している。
  13. ^ ヴァイオリン(3人以上)、バンドネオン(3人以上)、ピアノコントラバスをふくむ「標準編成の楽団」の意。
  14. ^ ヴァイオリン、バンドネオン、ピアノ、コントラバスギター各1を含む「五重奏団」の意。
  15. ^ そもそも、タンゴはバンドネオンなしから始まった民俗音楽である。
  16. ^ トロンボーンを入れるTango No.9
  17. ^ これで絶大な人気が出て、プロモーターは願ったりかなったりという時代が1966-67年ごろである。
  18. ^ この時期の民音タンゴシリーズに招聘されたコロール・タンゴなどの「巨匠の後継楽団」がオールドファンにも新規ファンにも好評であったことが原因とみられる。
  19. ^ 外部リンク
  20. ^ 外部リンク
  21. ^ 外部リンク
  22. ^ balazs's selection







タンゴと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タンゴ」の関連用語

タンゴのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



タンゴのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタンゴ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS