サイモン・バロン=コーエン サイモン・バロン=コーエンの概要

サイモン・バロン=コーエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 04:19 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
Simon Baron-Cohen
Baron-Cohen in 2011
生誕 (1958-08-15) 1958年8月15日(62歳)
居住 イングランド
国籍 イギリス
研究分野 心理学、認知神経科学
研究機関 ケンブリッジ大学
出身校
論文 Social cognition and pretend-play in autism (1985)
博士課程
指導教員
Uta Frith
主な業績 自閉症研究
主な受賞歴 Kanner-Asperger Medal 2013 (WGAS)[1]
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

著書『共感する女脳、システム化する男脳』P.291で、ニュートンアインシュタインについて、本人たちを知る人物の証言から、「明らかにアスペルガー症候群と思われる特徴を示している」と記述している。ただし「彼らは自らの才能を開花させる場所を持っていたので、障害であると診断されたかどうかには疑問がある」としている。

俳優サシャ・バロン・コーエンはいとこ。

所属

コーエンは英国心理学学会英語版 (BPS)[2]イギリス学士院[3]科学的心理学会[4]のフェローを務めている。また英国心理学会認定心理士(BPS Chartered Psychologist)である[2]

またコーエンは、イギリス自閉症協会英語版理事[5]英国国立医療技術評価機構(NICE)成人自閉症ガイドライン作成グループ(-2012年)の議長[6]、国際自閉症研究学会(INSAR)理事[7]、雑誌Molecular Autismの編集長[8]を務めている。

主な著作

関連項目


  1. ^ Awardees”. Wissenschaftliche Gesellschaft Autismus-Spektrum (WGAS). 2013年12月18日閲覧。
  2. ^ a b Chartered Psychologist emphasises the importance of empathy”. The British Psychological Society (2011年4月28日). 2014年1月2日閲覧。
  3. ^ Seven Cambridge academics elected as Fellows of The British Academy”. Cambridge University (2009年7月17日). 2013年12月27日閲覧。
  4. ^ Reflecting on a lifetime of achievement: Uta Frith”. Association for Psychological Science. 2013年12月28日閲覧。
  5. ^ Vice presidents”. National Autistic Society. 2013年12月28日閲覧。
  6. ^ Autism: recognition, referral, diagnosis and management of adults on the autism spectrum”. 英国国立医療技術評価機構. 2013年12月28日閲覧。
  7. ^ ARC people: Professor Simon Baron-Cohen”. Autism Research Center, University of Cambridge. 2013年12月28日閲覧。
  8. ^ Molecular Autism: brain, cognition and behavior”. BioMed Central Ltd. 2013年12月28日閲覧。


「サイモン・バロン=コーエン」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

サイモン・バロン=コーエンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サイモン・バロン=コーエンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイモン・バロン=コーエン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS