Seasar2とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > OSS用語 > Seasar2の意味・解説 

Seasar2

読み方シーサー

非営利団体Seasarファンデーション」が提供するJavaによるアプリケーショフレームワーク。第2世代のSeasar2になってDIコンテナAOP後述)の機能備えてから注目され、広く知られるようになったこのため、単にSeasarと言った場合はSeasar2のことを指す。Apache Licenseの下にリリースされるオープンソースソフトウェアである。
DIDependency Injection依存性の注入)とは、アプリケーション構成するモジュール間の結びつき依存性)を実行時に指定できるようにすることで、仕様運用環境変更柔軟に対応できるようにする技術DI機能備えフレームワークDIコンテナAOPAspect-Oriented Programmingアスペクト指向プログラミング)とは、共通処理を外部モジュールとして切り出し、それを呼び出すコードをいちいち記述することなく利用できる仕組み利用したプログラミング方法論
開発者のほとんど日本人であるためSeasar日本での注目度が高い。世界的には、DIコンテナでは、Springが最も広く利用されている。
関連見出し
Spring
Apache License
関連URL
Seasar(http://www.seasar.org/)


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Seasar2」の関連用語

Seasar2のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Seasar2のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2020

©2020 Weblio RSS