NGワードとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > NGワードの意味・解説 

NGワード

読み方:エヌジーワード

主に、言ってはいけない言葉禁句罰ゲーム対象になる回答、などを指す語。

NGワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/05 21:49 UTC 版)

NGワードとは、メディアの自主規制に用いられる単語のことである。


  1. ^ 1970年10月に発行された、小学館の『小学二年生11月号の付録にあった「かいじゅうけっせんカード」に、「スペル星人」とは書かれておらず別の言語表現で記されたこと自体が問題とされた。
  2. ^ jin115.comなどが典型例。
  3. ^ Unicode 2666 BLACK DIAMOND SUIT
  4. ^ 著作権の失効した文章や存続している文章が一字一句完全に残さずJAWPへ引用されている文学者は複数人存在するが、著作権を一切主張しない匿名の利用者の投稿は不完全にしか投稿ができなくなる。したがって、NGワード指定を行った人物が著作権を一切主張しない匿名の利用者の投稿を行っているのだろう、という嫌疑がかかってしまう。BBS側で「著作権存続・無断転載禁止」をいくら掲げていても、掲示板のログを編集してまとめた「まとめサイト」に対しては一切の法的措置を行っておらず逮捕者も存在しないことから、事実上この種の利用規約は完全に死文化している。
  5. ^ サイボーグ用務員という言語表現がそもそもNGであったと考えられるため、コマの修正で掲載できる可能性がゼロになってしまった。単語ではなく文節がNGになった例である。
  6. ^ MD5を用いた管理の実態
  7. ^ ameba
  8. ^ この「地雷」の命名者は不明だが、1979年以前の出版物では確認がとれない。
  9. ^ gnavi
  10. ^ npn


「NGワード」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「NGワード」の関連用語

NGワードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



NGワードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNGワード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS