Medium Dependent Interface Crossoverとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Medium Dependent Interface Crossoverの意味・解説 

MDI-X

フルスペル:Medium Dependent Interface Crossover
読み方エムディーアイエックス

MDI-Xとは、EthernetツイストペアケーブルRJ45コネクタ使用するポート一種である。

MDI-Xはコネクター端子1、2番が受信用、3~6番が送信用に割り当てられ、Ethernetハブスイッチポートとして使用されている。なお、コネクター端子1、2番を送信用、3~6番を受信用に割り当て仕様MDI呼びネットワークカードで用いられる。

ネットワークカードMDI同士ハブ(MDI-X)同士接続ではクロスケーブルを、ネットワークカード(MDI)とハブスイッチ(MDI-X)を接続する場合、あるいはハブスイッチ(MDI-X)をカスケードポート(MDI)に接続する場合ストレートケーブル使用する。

なお、2000年頃よりハブ接続する機器ポート自動判別するAutoMDI/MDI-X機能備えるようになり、現在では基本的にポートケーブル区別不要となっている。

通信方式のほかの用語一覧
Ethernet:  MACフレーム  MACアドレス認証  MAU  MDI-X  メトカーフの法則  NE2000  NE2000互換


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Medium Dependent Interface Crossover」の関連用語

Medium Dependent Interface Crossoverのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Medium Dependent Interface Crossoverのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリMDI-Xの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS