BAKファイルとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > BAKファイルの意味・解説 

BAKファイル

読み方バックファイル
【英】BAK file

BAKファイルとは、ファイルバックアップ作成する際に作成される、拡張子に「.BAK」が付いたファイルのことである。

BAKファイルは、アプリケーション側で自動的バックアップファイル作成される場合に、拡張子として用いられる場合が多い。ファイル誤って編集上書きしてしまったような場合、BAKファイルが保存されていれば比較的簡単な操作ファイル内容元に戻すことができる。

BAKファイルは、多く場合拡張子単純に.BAK」に変更しただけのファイルとなっている。BAKファイルを復元用のファイルとして用いたい場合には、「.BAK」を元の拡張子変更すればよい場合が多い。

BAKファイルは特定のアプリケーションで開くようなファイルではく、拡張子は必ずしも「.BAK」でなくてよい。しかしながら慣習的に、多くアプリケーションによって「.BAK」が採用されている。そのためユーザーバックアップ用にファイルコピーする際も、そのファイル拡張子を「.BAK」とする場合ままある



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

BAKファイルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



BAKファイルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリBAKファイルの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS