鬼菱とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > 鬼菱の意味・解説 

おにびし (鬼菱)

Trapa natans var. rubeola f. viridi

Trapa natans var. rubeola f. viridi

Trapa natans var. rubeola f. viridi

Trapa natans var. rubeola f. viridi

わが国本州から四国九州分布しています。池沼などに生え、泥の中に根を伸ばし菱形水面に浮かべます。葉柄はふくらんで浮き袋役目を果たしています。7月から10月ごろ、白い小さな4弁の花を咲かせます。花後に水中果実できますが、が4個あります。よく似た「ひし」は2個、「ひめびし」はが4個ですが小さいことで区別できます
ヒシ科ヒシ属一年草で、学名Trapa natans var. rubeola f. viridis。英名はありません。
ヒシのほかの用語一覧
ヒシ:    鬼菱

鬼菱

読み方:オニビシ(onibishi)

ヒシ科浮葉性一年草

学名 Trapa bispinosa var.japonica



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鬼菱」の関連用語

鬼菱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鬼菱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS