離れ島とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > > 離れ島の意味・解説 

はなれ‐じま【離れ島】

読み方:はなれじま

陸地から遠く離れた島。孤島。りとう。


離れ島

原題:
製作国:日本
製作年:1957
配給:
スタッフ
演出:下村健二 シモムラケンジ
製作:中崎敏 
脚本:青戸隆幸 
企画:日本専売公社 
撮影:束原潔 ツカハラキヨシ
音楽:三木稔 ミキミノル
編集:和田敏三 
キャスト(役名
解説
伊豆七島孤島御蔵島生業生活などを描くイーストマン色彩記録映画中学高校一般向。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください
御蔵島三宅島八丈島間にあって文化から取残されているばかりか島の周囲世界でもまれな断がい絶壁入江砂浜もない。東京から二度定期船も波の荒い日はハシケ作業ができず空しく引返すことが多く周囲が海でも港がなくては漁業ふるわない。けわしい段畑の農耕には限りがあるので、次三男などは東京出かせぎする「とうだ」によって島の経済保たれる。ただ豊かな山林めぐまれツゲ唯一の特産だ。十五六貫のツゲを背負って女たち山道をくだり、男たち年一度の祭にみこしをかついでショウチュウをあびる。島の名物としてカツオ鳥群生し夜あけにスを飛立って日暮れてスにもどる、そのすさまじさがよくとらえられ圧巻となる。自転車がたった一台というこの島に、東京都文化財総合調査団訪れて考古民族地質古美術などの諸点から島を調査する。むかし罪人流された島には遺物遺跡があってゾウ遺跡も発堀される。一方では血族結婚島民臭覚がするどいとか、国産タバコののみあてコンクールが行われ、やはりピース最上判明?する。もってまわった専売公社PR一コマがここにある。そして調査団別れをおしむ離れ島に、防波堤をつくる島民悲願はいつ達せられるのかとむすぶ。

離れ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 13:54 UTC 版)

彼岸島」の記事における「離れ島」の解説

最後の育生所がある島。彼岸島からかなり離れた位置にあるが、彼岸島一部であり、同じ湧水湧いている。地上からだと何も無いように見えるが、目立たない所にハッチがあり、育成施設入り口になっている。更に絶壁地上からは確認しにくいが、島の窪みに船を停める港がある。施設の更に地下には椿幽閉されている。

※この「離れ島」の解説は、「彼岸島」の解説の一部です。
「離れ島」を含む「彼岸島」の記事については、「彼岸島」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「離れ島」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「離れ島」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



離れ島と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

離れ島のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



離れ島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの彼岸島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS