鉄眼とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > > 鉄眼の意味・解説 

てつげん 【鉄眼】 ○

1630~1682江戸前期の黄檗おうばく)宗の僧。名は道光肥後の人。隠元次いでその弟子木庵師事大蔵経翻刻鉄眼版黄檗版)を完成。また1682年畿内飢饉に際して救済につとめた。諡号しごう宝蔵国師

鉄眼道光

(鉄眼 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/09 13:48 UTC 版)

鉄眼道光正字: 鐵眼道光(てつげん どうこう、寛永7年1月1日1630年2月12日) – 天和2年3月20日1682年4月27日))は、江戸時代前期の黄檗宗禅僧諡号宝蔵国師肥後国益城郡守山村(後の下益城郡南部田村、現・熊本県宇城市小川町南部田)の生まれ。最初、徹玄と号していた。


  1. ^ a b 『近世畸人伝』33頁
  2. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典27 大阪府』角川書店、1983年、650-651頁
  3. ^ http://d.hatena.ne.jp/elkoravolo/20110606/1307368476


「鉄眼道光」の続きの解説一覧



鉄眼と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鉄眼」の関連用語

鉄眼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鉄眼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鉄眼道光 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS