蔓延るとは?

はびこ・る【蔓延る】

[動ラ五(四)

草木などが繁茂する。「雑草が—・る」

よくないものの勢い盛んになって広まる。広まって勢力を張る。「害虫が—・る」「悪が—・る」

[可能] はびこれる


ほびこ・る【蔓延る】

[動ラ四]いっぱいにひろがる。はびこる

「この見ゆ—・りてとの曇りも降らぬか心足(こころだ)らひに」〈・四一二三


はびこ・る【蔓延】

〔自ラ五(四)

草木などが、のびひろがる。ひろがり茂る。

斎宮女御集985頃か)「はびこれるの下ふく風の音も誰れかは今は聞くべかりける」

彼岸過迄(1912)〈夏目漱石須永の話蒼黒藻草限りなく蔓延(ハビコ)ってゐた」

② 物が満ち一杯になる。充満する。→はばかる(憚)。

書紀720顕宗二年一〇月(図書寮本訓)「百姓殷(さか)りに富めり。稲(いね)斛(さか)に、銀銭一文牛馬野に被(ハヒコレ)(〈別訓〉ほとこれ)り」

滑稽本古朽木(1780)二「町々にはびこれる酒屋の数」

勢い盛んになって広まる。ひろまり栄える。また、のさばる威勢をふるう。蔓延する。跳梁する。→はばかる(憚)。

太平記14C後)一一一類天下にはびこりて、威を振ひ」

奉教人の死(1918)〈芥川龍之介〉一「長崎の町にはびこった、恐しい熱病にとりつかれて」

[補注]「虎明本狂言宗論」に法華僧が「日本はびこる程のほうもん法文)じゃ程にと言うと浄土僧が「三国はばかるほどのほうもんじゃよ」と言い返す例があるように、「はびこる」と「はばかる」は、室町時代から江戸時代にかけて、用法上、重なるところがあった。


ほびこ・る【蔓延】

〔自ラ四〕 いっぱい広がるはびこる

万葉(8C後)一八・四一二三「この見ゆ保妣許里(ホビコリ)てとの曇りも降らぬか心足ひに」


蔓延る

読み方:ホビコル(hobikoru)

草木などがいっぱい伸び広がる


蔓延る

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 03:05 UTC 版)

和語の漢字表記

(はびこる)

  1. 草木生い茂ること。
  2. 好ましくないものが広まること。
  3. 勢威ふるうこと。

詳細はびこる参照




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蔓延る」の関連用語

蔓延るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



蔓延るの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの蔓延る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS