球状赤血球とは?

球状赤血球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/01/02 13:15 UTC 版)

球状赤血球(: spherocyte)とは通常の赤血球より直径が小さく、厚みのある赤血球。セントラルペーラー(通常の赤血球で観察される中央の淡い部分)が消失し、色が濃く見える。赤血球障害により凹状構造が維持できなくなると出現する。球状赤血球を特徴とする自己溶血性貧血球状赤血球症(en)と呼ばれる。免疫介在性溶血性貧血などで認められる。免疫介在性溶血性貧血では補体抗体が付着した赤血球をマクロファージが貪食することにより赤血球膜の一部が失われて球形となる。赤血球の50%以上が球状赤血球であれば免疫介在性溶血性貧血であると診断することができるとされている。ネコの正常赤血球は小型かつセントラルペーラーが明瞭ではないため、球状赤血球の判定は困難である。




「球状赤血球」の続きの解説一覧





球状赤血球と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「球状赤血球」の関連用語

球状赤血球のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

松浦川

松の内

デビッド・リチャーズ

シール材注入工法

クサビガタハウチワ

蹴上げ

フロート

テグス





球状赤血球のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの球状赤血球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS