牧之原・川根路のお茶とは?

Weblio 辞書 > 文化 > かおり風景100選 > 牧之原・川根路のお茶の意味・解説 

牧之原・川根路のお茶

牧之原川根周辺いたるところ茶園があり、お茶のほのかな香り感じられる。また、製茶工場から芳しいお茶のかおりが感じられる全国的に知られたお茶一大産地である。特に、旧東海道日坂宿周辺旧道沿いからは、牧之原台地眺望でき、天気が良ければ富士山見られる。峠の上には昔ながら茶店があり、芭蕉西行などの歌人句碑もある。自治体によってはまちづくり条例により、お茶生産地としての景観保護取り組んでいる。
 
所在地 牧之原地区川根地区島田市掛川市御前崎町相良町榛原町吉田町金谷町浜岡町小笠町菊川町川根町中川根町本川根町
かおりの源 茶園製茶
季節 春から初夏


牧之原・川根路のお茶





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「牧之原・川根路のお茶」の関連用語

牧之原・川根路のお茶のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大学山の照葉樹林

大分野津原香りの森

天津小湊町誕生寺の線香と磯風

山崎大歳神社の千年藤

伏見の酒蔵

牧之原・川根路のお茶

大石田町そばの里

輪島の朝市





牧之原・川根路のお茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2018 Kankyosho All rights reserved.

©2018 Weblio RSS