楊林 (軍人)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 楊林 (軍人)の意味・解説 

楊林 (軍人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/11 13:57 UTC 版)

楊 林(ヤン・リム、1898年-1936年)は紅軍の朝鮮系軍人。本名は金勲(キム・フン、김훈)。別名は楊寧(杨宁)、畢士悌(毕士悌)、楊州平(杨州平)など。


  1. ^ 金 2012, p. 121.
  2. ^ “不滅の足跡(14)-革命夫婦 楊林と李秋岳(불멸의 발자취(14)—혁명부부 양림과 리추악)”. 吉林新聞. (2011年8月15日). http://www.jlcxwb.com.cn/cxz/content/2011-08/15/content_61233.htm 2017年9月30日閲覧。 
  3. ^ a b 湖南省档案館 校編,鄧代蓉 責任編輯. 黄埔軍校同学録. 湖南人民出版社. 
  4. ^ 金 2012, p. 126.
  5. ^ 袁偉 2001, p. 280.
  6. ^ “紅軍の朝鮮人、楊林・李秋岳・武亭の活躍(홍군의 조선인, 양림 이추악 무정의 활약상)”. media today. (2011年8月12日). http://www.mediatoday.co.kr/news/articleView.html?idxno=96806 2015年11月15日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h 王 2000, p. 248.
  8. ^ 軍事科学院 1990, p. 9.
  9. ^ a b “[民族紅軍25]粤贛軍区司令員楊林足跡([겨레홍군25]월감군구 사령원 양림 발자취)”. 吉林新聞. (2016年9月12日). http://www.jlcxwb.com.cn/cxz/content/2016-09/12/content_178054.htm 2017年9月14日閲覧。 
  10. ^ 軍事科学院 1990, p. 75.
  11. ^ a b “不滅の足跡(34)-紅軍音楽家 崔音波(불멸의 발자취(34)—홍군 음악가 최음파)”. 吉林新聞. (2011年8月30日). http://kr.chinajilin.com.cn/cxz/content/2011-08/30/content_63138.htm 2016年4月25日閲覧。 
  12. ^ 軍事科学院 1990, p. 72.
  13. ^ “不滅の足跡(33)—第二次全国ソビエト代表大会史跡(불멸의 발자취(33)—제2차전국쏘베트대표대회 사적지)”. 吉林新聞. (2011年8月29日). http://www.jlcxwb.com.cn/cxz/content/2011-08/29/content_62945.htm 2017年9月19日閲覧。 
  14. ^ 袁偉 2001, p. 380.
  15. ^ 軍事科学院 1990, p. 89.
  16. ^ 軍事科学院 1990, p. 100.


「楊林 (軍人)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「楊林 (軍人)」の関連用語

楊林 (軍人)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



楊林 (軍人)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの楊林 (軍人) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS