根曲竹とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > > 根曲竹の意味・解説 

ねまがり‐だけ【根曲竹】

〔名〕 イネ科クマザサ属の仲間北海道本州中部以北深山生える。稈は高さ約一〜三メートル、径約一・五センチメートル下部弓形に曲がる。は節ごとに一本ずつ出る。は二〜四枚ずつつき、長楕円形長さ一五〜三〇センチメートル光沢があって無毛小穂は集まって円錐状につく。竹の子食用ちしまざさ。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕


根曲竹

学名:S. kurilensis
和名:ネマガリダケ

備考(別名・通称など):チシマザサ稈は丈夫で籠用材。筍は美味スズコ姫竹呼ばれ人気
根曲竹
ネマガリダケチシマザサ

根曲竹

読み方:ネマガリダケ(nemagaridake)

チシマザサ別称
イネ科高山植物

学名 Sasa kurilensis


チシマザサ

(根曲竹 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/14 07:28 UTC 版)

チシマザサ千島笹学名Sasa kurilensis)は、イネ科タケ亜科ササ属英語版に分類される、大型のササ(笹)の一種。


  1. ^ a b (かん)とは、イネ科植物などに見られる、中空構造の
  2. ^ a b 食彩の王国』”. tv asahi (ウェブサイト). テレビ朝日 (2012年7月14日). 2012年7月14日閲覧。 “夏にタケノコ?と驚きますが、実は春に出回る孟宗竹は18世紀に中国から伝来した外来種。古来、日本の山林に自生していたのはこうした笹類のタケノコだったのです。”:第434回「夏たけのこ」 7月14日放送回(紹介記事は「食材のリスト」経由で閲覧可能)。
  3. ^ 大林国彦、鈴木晶久、廣島幸美「スピーカ用振動板素材ホロファイン」『シャープ技報』第51巻、シャープ研究開発、1991年12月、 55-58頁、 ISSN 02850362


「チシマザサ」の続きの解説一覧



根曲竹と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「根曲竹」の関連用語

根曲竹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



根曲竹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
富士竹類植物園富士竹類植物園
Copyright(C) 2001-2021. Fuji bamboo garden. all rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチシマザサ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS