札割れとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 札割れの意味・解説 

札割れ

読み方:ふだわれ

日本銀行による資金供給オペについて、金融機関からの申し込み額が供給予定金額下回ること。

なお、東日本大震災を受けての即日オペ2011年3月15日時点総額15兆円となったが、実際資金供給額は約8.9兆円とされ「札割れ」となった。

札割れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/25 09:56 UTC 版)

札割れ(ふだわれ)とは経済学用語の一つ。入札が行われる際に、応募が少ないなどということから応札額が予想されていた金額を下回ることを言う。たとえば日本銀行金融調節のために公開市場操作を実施する際に、金融機関からの申し込み金額が、日本銀行が予想していた金額に達していないことを言われている。他には国債が発行された際に、その国債の引き受け手が足りずに売れ残っているような場合にも言われている。




「札割れ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「札割れ」の関連用語

札割れのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



札割れのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの札割れ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS