日向銚釐とは?

Weblio 辞書 > 食品 > 焼酎・泡盛用語 > 日向銚釐の意味・解説 

日向銚釐(ひゅうがちろり)

酒を暖めるのに用いる金属性の器。『和訓栞わくんのしおり)』によれば三餘贅筆に急須見えたり演義文に地炉裏(ちろり)の文字あり」とあり、酒を地炉すなわちいろりで暖めるためのものである。『守貞漫稿』に、「ちろり銅製京坂にてたんぽとも云う近世ちろりにて湯燗せし也」とある。注ぎ口把手(とって)のある急須様の形であったが、だんだん筒形となった。底のとがった形が多くいろりの熱灰の中に突き立て燗(かん)をする。これならば談笑の間も酒の冷えることはなかったであろう。後に金属にかわり、焼物などが用いられるようになり、(はと)徳利などが生まれた。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

日向銚釐のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日向銚釐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2020.

©2020 Weblio RSS