斜めがけとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 斜め > 斜めがけの意味・解説 

ななめ‐がけ【斜め掛(け)】

一方の肩から他方の腰に斜め掛けること。たすきがけ。「ショルダーバッグ斜め掛けにする」


斜めがけ

四角い箱の角を利用して、リボン斜め渡していく方法です。正面から見ると、箱の角に三角を描くように、リボンが2本平行にかかっています。慣れると十字がけクロスがけ)より早くできます。箱の表裏ともにリボンが平行になるように注意ましょう

斜めがけ
(1)蝶結びに必要な長さを残し、箱の角とリボン押さえて、矢印のようにリボンをまわしかけます。
斜めがけ (2)後ろからまわしてきたリボンを、箱の角でひと結び。角を使うとリボンがたるまずに結べます。
斜めがけ (3)結び目の下から出ているリボン(図では左側)でループ(輪)を作り、もう片方リボン回しかけて蝶結びをします。
斜めがけ (4)長さをそろえてリボンを切り、ボウ位置を少し内側にずらして形を整えます。



斜めがけと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「斜めがけ」の関連用語

斜めがけのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



斜めがけのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
プリントリボンドットコムプリントリボンドットコム
Copyright (c) 2000-2021 Uchiyamakatsu Co.,Ltd. All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS