擬製豆腐とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 調味料 > 豆腐 > 擬製豆腐の意味・解説 

ぎ せいどうふ [4] 【擬製豆腐】

水切りした豆腐野菜・卵などを加え調味して形を整え、焼いた蒸したりしたもの。ぎせどうふ。

擬製豆腐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/16 18:39 UTC 版)

擬製豆腐(ぎせいどうふ ぎせいとうふ 義性豆腐 義省豆腐)は豆腐料理の一つで、裏ごしあるいは細かく崩した豆腐に他の材料や調味料を混ぜ、整形加熱した料理。地方によっては、ぎせ豆腐、ぎせ焼きなどと呼ぶ例もある。


  1. ^ 精進料理の一種で、豆腐を使った料理。一度くずした豆腐をもとの形にまねて作るところからこの名がついたといわれるが、『俚言集覧』(一九〇〇)には、江戸山王勧里院の僧正、義性がこの豆腐を考案したからとある。また一説には奈良県円照寺の義省尼が作った料理であるところからついた名前ともいわれる。(日本料理由来事典より)


「擬製豆腐」の続きの解説一覧





擬製豆腐と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「擬製豆腐」の関連用語

擬製豆腐のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

立木観音

栃栗毛

濡れ性

William Howard Taft

なんば焼

ダブル蝶結び

寺院

岩崎彌之助





擬製豆腐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの擬製豆腐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS