持ち家手当とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 持ち家手当の意味・解説 

持ち家手当

読み方:もちいえてあて
別名:持ち家手当て

持ち家世帯主である職員支給される手当て。主に公務員の手当てとして採用されている。2012年1月大阪市廃止方針打ち出したことで、広く知られるようになり、話題を呼んでいる。

持ち家手当は住居に関する手当て一種である。支給額は自治体ごとに異なる。居住地ローン有無などにより加算する場合もある。大阪市場合月額で6500円から、最大1万500円までが支給されているという。職員半数以上が受けており、20億円以上の支出となっているという。

以前国家公務員にも持ち家手当が支給されていたが、2009年人事院勧告により廃止されている。人事院勧告地方自治体に対しては、総務省働きかけなどによって全国的廃止傾向進んでいる。例えば、茨城県2011年度から持ち家手当て廃止した。






関連サイト
人事院勧告(公務員の給与)


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

持ち家手当のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



持ち家手当のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS