国連気候変動枠組み条約締約国会議とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 国連気候変動枠組み条約締約国会議の意味・解説 

国連気候変動枠組み条約締約国会議

読み方:きこうへんどうわくぐみじょうやくていやくこくかいぎ
別名:気候変動枠組み条約締約国会議気候変動枠組条約締約国会議
英語:Conference of the Parties to the UNFCCCCOP

気候変動枠組条約について協議する国連会議。略して「COP」。COPという語自体は、ある条約に関する締約国の会議を意味する語であるが、一般的に地球温暖化対策について国際的協議する会議を指す。

国連気候変動枠組み条約締約国会議は年次開催されている。通常、第3回会議を「COP3」、第15会議を「COP15」というように、開催回数合わせて表記する。

1997年12月開催された第3回会議、すなわち第3回国気候変動枠組み条約締約国会議COP3)では、先進国排出する排気ガス2008年から2012年にかけて5%削減することを定める「京都議定書」が策定された。

関連サイト
COP3 地球温暖化防止京都会議 - 環境省


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国連気候変動枠組み条約締約国会議」の関連用語

国連気候変動枠組み条約締約国会議のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国連気候変動枠組み条約締約国会議のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS