古賀まり子とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 古賀まり子の意味・解説 

古賀まり子

古賀まり子の俳句

わが消す灯母がともす灯明易き
今生の汗が消えゆくお母さん
紅梅や病臥に果つる二十代
 

古賀まり子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/10 22:54 UTC 版)

古賀 まり子(こが まりこ、1924年4月9日 - 2014年2月14日)は、神奈川県出身の俳人横浜市生まれ。帝国女子医薬学専門学校(現・東邦大学薬学部)在学中に結核を発病し、中退。療養生活の中で俳句を始める。1945年、水原秋桜子に師事し「馬酔木」入会。1952年、馬酔木新人賞を受賞。1954年「馬酔木」同人。30代に入ってより病状が回復し、医療活動に従事。1967年、馬酔木賞を受賞。この年より生花や書道の教授として自立。1981年『竪琴』により第21回俳人協会賞受賞。1984年、堀口星眠の「橡」創刊同人。


  1. ^ 俳人の古賀まり子さん死去 産経新聞 2014年2月14日閲覧


「古賀まり子」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「古賀まり子」の関連用語

古賀まり子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



古賀まり子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの古賀まり子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS