ヤマカンとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 東京方言 > ヤマカンの意味・解説 

やま‐かん【山勘】

勘でやまをはること。また、その勘。あてずっぽう。「山勘で答える」


ヤマカン

東京方言意味・用例
ヤマカン詐欺投機的な無責任仕事

ヤマカン

読み方:やまかん

  1. 盗品折半シテ配分スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・東京府
  2. 共同窃取シタル贓物分配。〔第三類 犯罪行為
  3. 贓品分配。〔掏摸

分類 掏摸東京府

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ヤマカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/15 03:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ヤマカン




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヤマカン」の関連用語

ヤマカンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヤマカンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
東京方言辞典東京方言辞典
Copyright (C) 2021 東京方言辞典 All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヤマカン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS