ミヤコザサとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 竹図鑑 > ミヤコザサの意味・解説 

みやこ‐ざさ【都×笹】

イネ科植物山地群生し、高さ約1メートルの節は膨らむ。先につき、質が薄く、冬に縁が白くなる京都比叡山発見された。


都笹

学名:S. niponica
和名:ミヤコザサ

備考(別名・通称など):稈は分岐せず1本立ちで、節が球状膨れる。
都笹
ミヤコザサ

都笹

読み方:ミヤコザサ(miyakozasa)

イネ科の竹、高山植物

学名 Sasa nipponica



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミヤコザサ」の関連用語

ミヤコザサのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミヤコザサのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
富士竹類植物園富士竹類植物園
Copyright(C) 2001-2021. Fuji bamboo garden. all rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS