バスレフ型とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > AV機器用語 > バスレフ型の意味・解説 

バスレフ型

スピーカーユニットから出る低音の位相を反転させることで、低域を増強するエンクロージャー。位相反転型とも呼ばれる。バスレフダクト(ポート)の直径や長さによって、どの周波数が増強されるかが決まる。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 佐久間輝夫)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


密閉型/バスレフ型

箱を密閉状態にしてスピーカー後方の音圧を内部に閉じこめるのが密閉型。一方、ユニット背面の音圧を、共振筒を利用して低音補強に利用するのがバスレフ型。ただし設計上の理論なので低音の量感はどちらが上かは一概には言えない。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 細谷信二)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


バスレフ型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/09 13:45 UTC 版)

バスレフ型(バスレフがた、バス・レフレックス、: bass reflex)は、スピーカーの一形式(エンクロージャーの一形式)である。






「バスレフ型」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バスレフ型」の関連用語

バスレフ型のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バスレフ型のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2021 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバスレフ型 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS