バスレフとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > バスレフの意味・解説 

バス‐レフ

bass reflexから》キャビネット音道となる穴を設け低音増強するスピーカー方式


バスレフ型

(バスレフ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 00:53 UTC 版)

バスレフ型正式にはバス・レフレックス: bass reflex)とは、スピーカーシステムエンクロージャーの一形式であり、エンクロージャーにをあけそこにをつけることでの低音域部分をヘルムホルツ共鳴によって増幅するための方式である。




  1. ^ ただし「のびのびと鳴る」という特徴は、バックロードホーン型平面バッフルのほうが著しいため、これらとの比較においては、バスレフ型のほうがむしろ「背圧の影響が大きい」とされる。また、エンクロージャーの容積が大きいほど背圧は小さくなるので、エンクロージャーの内容積がとても大きな密閉型と内容積がとても小さなバスレフを比較すれば、バスレフ型のほうがむしろ背圧の影響は大きい場合もある。


「バスレフ型」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バスレフ」の関連用語

バスレフのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バスレフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバスレフ型 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS