もっぱら物とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 産廃用語 > もっぱら物の意味・解説 

もっぱら‐ぶつ【専ら物】

再生利用目的として回収される一般廃棄物または産業廃棄物古紙くず鉄空き瓶類・古繊維の4品目のこと。名称は、廃棄物処理法に「もっぱら再生利用目的となる」と記載されていることから。


もっぱら物

 廃棄物処理法では排出者にとって不用であってもリサイクルする相手有価物として購入するものは、廃棄物対象からは外れる。しかし、古紙古金属、カレットボロなどは、相場変動地域によって、同じ物が廃棄物になったり、有価物として購入されたりして混乱するので、これらは「もっぱら再利用されるものとして、廃棄物処理法対象外とされている。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

もっぱら物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



もっぱら物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2020 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-

©2020 Weblio RSS