めるかとるずほうとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 測量用語 > めるかとるずほうの意味・解説 

メルカトルずほう -づはふ [6] 【メルカトル図法】

地図投影法の一。地球赤道接す円筒面上投影するもの。経線等間隔平行線緯線経線に直角の平行線高緯度ほど間隔が広い。等角航路直線で表されるので,海図に用いる。メルカトル1569年発表正角円筒図法

メルカトル図法

読み方:めるかとるずほう

オランダメルカトル1569年発表した円筒図法1種で、経線等間隔で、緯線はそれに直交するが緯度が高くなるほど広がり緯度60度では、赤道の2倍に表されている。そのため長さ面積高緯度ほど過大になるが、目的地まで常に同じ角度で進めるため航海には適しており、海図基本的にこの図法作成されている。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「めるかとるずほう」の関連用語

めるかとるずほうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



めるかとるずほうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
かんこうかんこう
2019 (C) KANKO All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS