ほにゅうるいとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 環境アセスメント用語 > ほにゅうるいの意味・解説 

ほ にゅうるい [2] 【哺乳類】

脊椎動物門哺乳綱属す動物総称大脳がよく発達し,動物中最も高等頸椎は普通七個。皮膚は毛でおおわれ,汗腺皮脂腺乳腺がある。聴覚器内耳中耳外耳に,歯は門歯犬歯前臼歯後臼歯分化する。心臓は完全な二心二心室。恒温動物で,単孔類のみ卵生で,他はすべて胎生形態習性多様で,砂漠森林極地高山などの地上地下・水中・樹上空中などあらゆる環境適応し,進化して分化遂げ脊椎動物中最も繁栄している。現生種は単孔類を含む原獣亜綱有袋類真獣類を含む獣亜綱大別され,約4500種がある。

ほ乳類 (-にゅうるい)

 脊椎動物門ほ乳綱属す動物総称恒温動物単孔類のみ卵生で、他はすべて胎生現生種は単孔類を含む原獣亜綱有袋類真獣類を含む獣亜綱大別され、約4500種がある。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ほにゅうるい」の関連用語

ほにゅうるいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ほにゅうるいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
環境省環境省
Copyright © 2019 Kankyosho All rights reserved.

©2019 Weblio RSS