べたきそとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 構造 > 基礎 > べたきその意味・解説 

べたきそ べた基礎

直接基礎一種で、建物荷重基礎梁耐圧盤の底面積全体地盤伝え形式のもの。 「べた」とは全面統一面を意味する言葉

ベタ基礎(べたきそ)

建物底面全体コンクリート打ちをした強固基礎のこと。接地面積増えるため、基礎全体剛性が高まる。また、建物底面全体重量支えるため地盤荷重負担が減るので、軟弱地盤で用いられることが多い。ちなみに布基礎打ったあとに、床下湿気対策内部地盤一面コンクリートを打つ場合があるが、これは正確にはベタ基礎とは呼ばない。



べたきそと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「べたきそ」の関連用語

べたきそのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



べたきそのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2019 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集

©2019 Weblio RSS