ばいかおうれんとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 黄蓮 > ばいかおうれんの意味・解説 

ばい かおうれん -くわわう- [4] 【梅花黄蓮


ばいかおうれん (梅花黄蓮)

Coptis quinquefolia

Coptis quinquefolia

Coptis quinquefolia

Coptis quinquefolia

Coptis quinquefolia

Coptis quinquefolia

わが国本州福島県以南から紀伊半島にかけての太平洋側四国それに台湾分布しています。山地林内林縁生え、高さは1015センチになります根生して長い柄があり、5個の小葉をもつ掌状複葉です。3月から5月ごろ、花柄伸ばして「うめ」に似た白い花を咲かせます。花弁のように見えるのは萼片です。が「うこぎ(五加)」に似ていることから「ごかようおうれん五加黄蓮)」とも呼ばれます。
キンポウゲ科オウレン属多年草で、学名Coptis quinquefolia。英名はありません。
キンポウゲのほかの用語一覧
イチリンソウ:  菊咲き一華  藪一華
オウレン:  三葉黄蓮  梅花黄蓮  芹葉黄蓮  黄蓮
オキナグサ:  プルサチラ・アピイフォリア



ばいかおうれんと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ばいかおうれんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ばいかおうれんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.

©2020 Weblio RSS