たかみくらとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 敬語辞典 > たかみくらの意味・解説 

たか みくら [3]高御

即位朝賀など朝廷儀式の際、大極殿または紫宸殿中央設け天皇の座。黒塗り三層の壇の上に、八角形屋形を据えて帳(とばり)をめぐらし、内部に畳やしとね)を重ねて天皇の座とする。
天皇の位。天位天の日嗣と/万葉集 4089
「高御座」に似た言葉


高御座

即位の礼において,天皇がおつきになる御座

たかみくら 【高御座】

天皇の位の称。また玉座の称。平安時代以来大極殿紫宸殿安置し、即位礼などに用いる。八角形神輿のような造り


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「たかみくら」の関連用語

たかみくらのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



たかみくらのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
宮内庁宮内庁
Copyright (C) 2020 宮内庁 All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS