せむいとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > せむいの意味・解説 

せ‐むい〔‐ムヰ〕【施無畏】

【一】仏語仏・菩薩(ぼさつ)が衆生(しゅじょう)の恐れの心を取り去って救うこと。

【二】観世音菩薩異称


せ‐むい ‥ムヰ 【施無畏】

1⃣ 仏語仏・菩薩(ぼさつ)が、その威力方便衆生種々の畏怖取り去って救うこと。

今昔1120頃か)一六打見上げ奉たれば、御帳東の方に立給へ観音御す其の世无畏の御手に、我が切て嫗に取せし髪を(まき)て立給へるを見に、哀に悲き事无限なし」

広本拾玉集(1346)三「たのむぞよ施無畏のちかひあらたなはるればくもるほしをみるにも」〔観音玄義記‐一〕

2⃣ (梵 abhaya&msubdot;dada観世音菩薩異称施無畏者

雑俳柳多留二三1789)「しれ者也と引上げ見ればせむゐ」


施無畏(せむい)

無畏を施すこと。種々の畏怖取り去って救うことで剣道的にいえば恐れを知らぬ不動心教えること。
普段はあまり聞きなれない言葉であるが剣道ではその心境説く時によく使われる言葉である。浅草観音様に「施無畏」の字大書してあるのは観世音菩薩を施無畏長者呼び、この菩薩無畏を施す威力を持つためであるといわれている。



せむいと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「せむい」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

せむいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



せむいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
たのもうや@武道具店たのもうや@武道具店
Copyright(c)2021 SHOJI Martial Arts Equipments Shop All rights reserved.
たのもうや@武道具店剣道用語辞典

©2021 GRAS Group, Inc.RSS