ざんぎとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 北海道方言 > ざんぎの意味・解説 

ざん‐き【××愧/××愧】

[名](スル)古くは「ざんぎ」とも》自分見苦しさ過ち反省して、心に深く恥じること。「―の念」

僕は―して前の手紙の全部取消さして貰う」〈有島宣言


ざんぎ

んぎ愛媛県今治の「ざんき」,「せんざんき」から?〕[名] 鶏肉揚げ物一種(しょうゆ)ベース下味をつけてた1口から2口程度の大きさ鶏肉揚げ料理。骨の付いてない肉を用いることが多い。〈全〉あじつけざんぎいかざんぎほねつきざんぎたこざんぎ,[道外語]せんざん

ざんぎ

出典:『Wiktionary』 (2018/03/24 00:12 UTC 版)

名詞

ざんぎ

  1. 北海道方言から揚げ

語源

不明だが、中国語の炸雞・炸鸡(北京音:zhá)がなまったものという説などがある。

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ざんぎ」の関連用語

ざんぎのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ざんぎのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2020 by akaringo. All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのざんぎ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS