いみじとは?

いみ・じ

( 形シク
〔「いみ(忌)」を形容詞化した語〕
程度はなはだしいことを表す語。望ましい場合にも望ましくない場合にも用いるが、具体内容を示す語が省略されることが多い。
(望ましい場合たいそう…である。すばらしい。立派である。たいへんうれしい。 「 - ・じき(=スグレタ)絵師といへども/源氏 桐壺」 「 - ・じからむ(=ウレシイ)心地もせず、悲しくのみなむある/竹取」
(望ましくない場合)ひどく…である。ひどい。すさまじい。ものすごい。 「 - ・じき(=オソロシイ)もののふ仇・敵かたきなりとも源氏 桐壺」 「あな、-・じや(=大変ダ)、いとあやしき様を人や見つらむ/源氏 若紫
程度普通でないことを表す語。はなはだしい。普通でない。 「清少納言こそ、したり顔に-・じう侍りける人/紫式部日記」 「 - ・じうののしりさわぐ/宇治拾遺 12」 「 - ・じく心もとなきままに/更級

伊茂治

読み方
伊茂治いみじ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「いみじ」の関連用語

いみじのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



いみじのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2019 Weblio RSS