難聴とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 状態 > 難聴の意味・解説 

なん ちょう -ちやう [0] 【難聴】

聴力低下してはいるが,聴力音声言語受容言語獲得の手段として使うことは可能な状態。音波伝達路(外耳中耳)に障害が生じた時(伝音性難聴),内耳から中枢に至る聴覚神経系が冒された時(感音性難聴)にみられる中耳炎メニエール病ストレプトマイシン副作用などのほか,遺伝外傷老化によっても起こる。
「難聴」に似た言葉
  聾唖


難聴

作者高井信

収載図書ショートショート日本語あそぼう
出版社筑摩書房
刊行年月2003.12
シリーズ名ちくま文庫


難聴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/26 04:11 UTC 版)

難聴(なんちょう、英語: hearing impairment)とは、聴覚が低下した状態のこと。耳科学的には、聴覚の諸機能の感度や精度が若年健聴者、即ち、耳科学的に正常な18歳から30歳までの多数の評定者の聴覚閾(域)値の最頻値 (0dB HL) よりも劣っている事とされる。そのレベルは30dB HLとされている。


  1. ^ The global burden of disease: 2004 update (Report). 世界保健機関. Part.4 Table 12: Leading causes of burden of disease (DALYs), all ages, 2004. ISBN 9241563710. http://www.who.int/healthinfo/global_burden_disease/2004_report_update/en/. 
  2. ^ 日本聴覚医学会, 編纂.「日本聴覚医学会用語集(2010.4.1 改訂)」、『Audiology Japan』第53号、2010年、 295-300頁。
  3. ^ 聴覚・平衡機能障害 さいたま市 (PDF)
  4. ^ Vashekevich M.I., Azarov I.S., Petrovskiy A.A., Cosine-modulated filter banks with a phase conversion: realization and use in hearing aids. - Moscow, Goryachaya liniya-Telecom, 2014. -210 p.
  5. ^ Vonlanthen A. Hearing Aids / Vonlanthen A. Horst A. - Rostov-on-Don: Phoenix, 2009. -304 p.
  1. ^ ヒトの音の感度は周波数によって異なっているので、例えば、250 [Hz] の断続音の結果と、4000 [Hz] の連続音の結果を比べても何の意味もない。あくまで、250 [Hz] の断続音と250 [Hz] の連続音といったように、周波数を揃える必要がある。なお、周波数とヒトの音の感度の相関については、「等ラウドネス曲線」の記事を参照のこと。







難聴と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

難聴に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「難聴」の関連用語

難聴のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

バックセンサー

メガネ留め

頭蓋腔

キョウノヒモ

ロワイヤル

全般照明

無線搬送装置1号

市町村防災無線システムの整備数





難聴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの難聴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS