ベーチェット病とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 歯科疾患 > ベーチェット病の意味・解説 

ベーチェット びょう -びやう [0] 【ベーチェット病】

口内炎陰部潰瘍皮膚症状葡萄(ぶどう)膜炎の四つ症状を主症状とする慢性の炎症疾患原因不明関節炎神経血管消化器病変も伴う。発病年齢男女とも二〇~四〇歳に多く,特に日本に多い。トルコのベーチェット(H. Behçet1889~1948)が初め発表

ベーチェット病

・ベーチェット病(Behtet's disease)

ベーチェット病は日本では1540歳の男子発病することが多い病気で,特に昭和30年以降急増して現在もかなり多くみられます。最近では女性に増えているようですが,的確な治療方法がなく原因不明難病です。眼症状としてはブドウ膜炎起こし眼底にも網膜の浮瞳,混濁出血白斑などの所見認めます。全身的にはアフタ性口内炎外陰部潰瘍,皮ふ発疹などを伴います。長期わたってこのような症状出現したり消失したり何度もくり返し視力徐々に低下し,失明してしまうことも少なくありません。


ベーチェット病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/03 00:42 UTC 版)

ベーチェット病(ベーチェットびょう、Behçet's diseaseBehçet's syndrome)は再発・寛解を繰り返す原因不明の慢性疾患で、自己免疫疾患の一つ。古典的な膠原病には含まれないものの、膠原病類縁疾患と呼ばれる。近年、その本体は血管炎であると考えられている。なお「ページェット病」(パジェット病、Paget disease)とは別の病気である。


  1. ^ Behçet, Hulusi. Über rez idivierende, aphthose, durch ein virus verursachte Geschwure am Munde, am Auge und an Genitalien. Dermatol Wochenschr 1937;105:1152–7.
  2. ^ Feigenbaum, A. Description of Behçet's syndrome in the hippocratic third book of endemic diseases. Brit J Ophthal 1956; 40: 355-357. [1]
  3. ^ 中村 晃一郎, 医薬の門 2011; 51(4): 80-83.
  4. ^ Mizuki N et al. Nat Genet 2010; 42(8): 703-6.
  5. ^ 扁桃炎を契機に発症したベーチェット病例 耳鼻咽喉科臨床 Vol.98 (2005) No.4 P309-313
  6. ^ Kaneko F et al. Clin Dev Immunol 2011;681956.
  7. ^ ベーチェット病と難聴 AUDIOLOGY JAPAN Vol.39 (1996) No.5 P357
  8. ^ 消化管ベーチェット病の診断と治療 日本消化器内視鏡学会雑誌 Vol.54 (2012) No.9 p.3115-3123
  9. ^ 榎声で初発した血管型ベーチェット病例 耳鼻咽喉科臨床 Vol.91 (1998) No.8 P845-849
  10. ^ 神経ベーチェット病と考えられた1例 皮膚 Vol.42 (2000) No.3 P305-309


「ベーチェット病」の続きの解説一覧





ベーチェット病と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ベーチェット病に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ベーチェット病」の関連用語

ベーチェット病のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ベーチェット病のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
医療法人社団医新会医療法人社団医新会
Copyright (C) 医療法人社団 医新会 All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベーチェット病 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS