販売士とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 流通用語 > 販売士の意味・解説 

販売士

小売業従事する人々対象として、日本商工会議所全国商工会連合会通産省中小企業庁などの後援得て昭和48年1973)につくった準公的資格。その目的小売業従事する人々資質の向上自己啓発をはかるとともに消費者サービスレベル高めることにある。流通業の中には、販売士の資格取得義務づけたり、給与体系に組込んだりしている企業多く販売専門職資格として、定着てきている。

販売士

資格区分

民間資格

資格概要取得方法

販売士は、商品知識商品陳列接客技術精通し、消費者ニーズを的確に把握したサービスを提供できるプロ販売員であることを証明する民間資格です。資格のランクには3級~1級までがあり、3級は小売業販売員クラス、2級は売場主任、部課長など中堅幹部クラス、1級は大規模小売店店長部長中小小売業経営者クラス対象となっています。なお2006年度~2008年にかけて、科目体系見直され、3級は「販売技術」、2級は「販売管理」、1級は「経営管理」の能力問われる試験となります。試験は各級とも年1回実施され、3級は筆記試験、2級・1級は筆記試験面接試験が課されます。資格には5年間の有効期限設けられており、商工会議所開催する講習会受講や、社団法人日本販売士協会実施する通信教育講座受講上級資格の取得などにより、更新することができます

取得方法学習は、(1)日本商工会議所発行する「ハンドブック」による独学、(2)各地商工会議所開催する養成講習会受講、(3)指定教育機関実施する「養成通信教育講座受講3つの方法あります販売業務未経験者や、上級資格の取得目指す場合は、(2)か(3)の方法学習を進めるといいでしょう

受験資格

制限なし。

受験料

3級3570円、2級5100円、1級7140円*各税込

合格率

3級64.0%(2005年7月)、2級71.5%(2004年10月)、1級9.2% (2005年2月

試験日程

3級2月及び7月、2級10月、1級2月

試験会場

全国主要都市実施

問い合わせ先

日本商工会議所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2 03-5777-8600(検定情報ダイヤルhttp://www.kentei.ne.jp/

取得後の職業/活かせる仕事

販売士の資格には、流通サービス業界を中心に毎年5万人以上がチャレンジしてます。業界での知名度は高く、就職転職社内でのキャリアアップ派遣スタッフでの就労など、さまざまな場面で資格をアピールすることができます。資格を活用できる主な職種には、デパートスーパーなど大規模小売店販売員売場責任者店長一般小売店経営者従業員製造サービス卸売業界などの販売業務担当者が挙げられます。

販売士検定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/11 02:28 UTC 版)

(販売士 から転送)

販売士検定(はんばいしけんてい)とは日本商工会議所及び各地商工会議所が実施する検定試験(商工会議所検定試験)。




「販売士検定」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

販売士に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「販売士」の関連用語

販売士のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




販売士のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2014by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
フジスタッフフジスタッフ
Copyright © Fuji Staff, Inc. All rights reserved.
フジスタッフ資格大辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの販売士検定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS