絶家とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > > 絶家の意味・解説 

ぜっ か [0] 【絶家】

( 名 ) スル
ぜっけ(絶家)

ぜっ け [0] 【絶家】

( 名 ) スル
跡継ぎがなくて家が絶えてしまうこと。また,その家。ぜっか。 「親元-してよるべなきまま/怪談牡丹灯籠 円朝


家制度

(絶家 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/14 06:25 UTC 版)

家制度(いえせいど)とは、1898年明治31年)に制定された民法において規定された日本家族制度であり、親族関係を有する者のうち更に狭い範囲の者を、戸主(こしゅ)と家族として一つのに属させ、戸主に家の統率権限を与えていた制度である。江戸時代に発達した、武士階級の家父長制的な家族制度を基にしている。


[ヘルプ]
  1. ^ このうち広島新田藩浅野家は廃藩後に華族となることを辞退した。
  2. ^ 松崎家(松崎万長家)・玉松家(玉松操家)・岩倉具経家(岩倉具視の三男)・北小路家北小路俊昌家)・若王子家(聖護院院家若王子住職家)
  3. ^ 徳川御三卿のうち2家(一橋徳川家田安徳川家)、徳川御三家附家老家5家(成瀬家・竹腰家(尾張徳川家)、安藤家水野家紀伊徳川家)、中山家水戸徳川家))、毛利氏の家臣扱いだった岩国藩吉川家、1万石以上の所領を持つ交代寄合6家(山名家池田家山崎家平野家本堂家生駒家)、1万石以上の所領を持つ高家だった大沢家。ただし大沢家は所領の水増し申告が露見し1万石以下であることが確認されたことから、後に華族の身分を剥奪され士族に編入された。
  4. ^ 徳川御三卿の清水徳川家は当主不在であり、翌年華族に列せられた。
  5. ^ 岩田新『親族相続法綱要』(同文館、1926年)59-61頁、宇野文重『法政研究』「明治民法起草委員の「家」と戸主権理解 : 富井と梅の「親族編」の議論から」(九州大学、2007年)
  6. ^ 大蔵省印刷局『官報第4535号』。国立国会図書館。
  7. ^ 旧民法が効力を持っていた戦前期(及び2017年6月現在でも各家庭・地域によっては)「家系の祭祀」を継ぐことが名誉ある責務と考えていたため、この規定が定められていた。
  8. ^ 牧野英一『刑法に於ける重点の変遷 再版』(有斐閣、1935年)119頁
  9. ^ 我妻栄遠藤浩川井健補訂)『民法案内1私法の道しるべ』(勁草書房、2005年)103-104頁
  10. ^ 山本起世子「民法改正にみる家族制度の変化 : 1920年代~40年代」、『園田学園女子大学論文集』第47号、園田学園女子大学、2013年1月、 119-132頁、 NAID 110009534405
  11. ^ 穂積重遠『百萬人の法律学』(思索社、1950年)112頁
  12. ^ 「夫婦同姓も中絶禁止もその価値観を他人に強制することではない」、iRonna、2015年12月16日。
  13. ^ a b 「時代遅れの戸籍制度」、週間金曜日、第838号、2011年3月11日







絶家と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

絶家に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「絶家」の関連用語

絶家のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

猪名川

ベントラルフィン

docomo PRIME series SH-07B

市之瀬用水

オレンジ・ブロッサム

SH006

ニオイハリタケモドキ

横浜港新年を迎える船の汽笛





絶家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家制度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS