家督相続とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 家督相続の意味・解説 

か とくそうぞく -さう- [4] 【家督相続】

民法旧規定で,戸主身分戸主権)および家の財産相続すること。直系卑属の中から一人相続人多く長男)が選ばれた。戦後家制度とともに廃止。 「 -人」 → 遺産相続


家督相続

読み方:カトクソウゾク(katokusouzoku)

家督相続すること。


家制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/05 10:43 UTC 版)

(家督相続 から転送)

家制度(いえせいど)とは、1898年明治31年)に制定された民法において規定された日本家族制度であり、親族関係を有する者のうち更に狭い範囲の者を、戸主(こしゅ)と家族として一つのに属させ、戸主に家の統率権限を与えていた制度である。江戸時代に発達した、武士階級の家父長制的な家族制度を基にしている。




「家制度」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「家督相続」の関連用語

家督相続のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




家督相続のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家制度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS