枚岡神社の社叢とは?

Weblio 辞書 > 文化 > かおり風景100選 > 枚岡神社の社叢の意味・解説 

枚岡神社の社叢

古くから「河内国一の宮」と崇められてきた古社で、生駒山西麓うっそうたるにしずまる境内には小賀玉(おがたま)などの古木多く拝殿そばにビャクシン大きな切り株が残され、様々な樹木のかおりが楽しめるまた、本殿南側の斜面は有名な名所となっており開花時期には多く人々がかおりを楽しむ。枚岡梅林は、もと神宮寺のあったところで廃寺になった後、近在人々を植えたのがはじまりという。1月の「粥占かゆうら神事」、12月の「注連縄掛(しめかけ)神事」は古式を残す。10月秋祭には、20台の太鼓台宮入りするなど、地域の生活に密着した行事数多く行われている。
 
所在地 大阪府東大阪市
かおりの源 等の樹木及び草花
季節 1月3月)、一年中等の樹木草花

枚岡神社の社叢





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「枚岡神社の社叢」の関連用語

枚岡神社の社叢のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山崎大歳神社の千年藤

郡山の高柴デコ屋敷

加子母村の檜とササユリ

野母崎水仙の里公園と潮

風の松原

虹の松原潮のかおり

鵠沼、金木犀の住宅街

金華山の原生林と鹿





枚岡神社の社叢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2016 Kankyosho All rights reserved.

©2016 Weblio RSS