朝倉義景とは?

あさくらよしかげ 【朝倉義景】 ○

(1533~1573) 戦国大名。孝景(たかかげ)の子初名延景。織田信長としばしば交戦姉川の戦い大敗。のち信長一乗谷攻撃されて自殺し,朝倉氏滅亡した。

朝倉義景(あさくら よしかげ) 1533~1573

長夜叉丸 孫次郎 延景 左衛門督
◇父:朝倉孝景 室:細川晴元女、義種女、近衛前久妹、鞍谷刑部大夫嗣知女、斎藤兵部女 子朝倉阿君丸、愛王丸
 越前朝倉氏最期当主溺愛する息子を失い、国政対す気力無くしていき、一方で学問芸能深くめり込んでいった。都を追われた将軍足利義昭が頼って来た際、上洛促されるがこの機会を活かさず、義昭に見限られる。その義昭を奉じて上洛した尾張織田氏攻められるが、盟友北近江浅井氏来援助けられ危機逃れた。しかし、その後も自ら積極的に出ることはあまりなく、浅井氏要請に対し家臣に軍を率いらせるのみで、士気は振るわなかった。その為、織田方との決戦である姉川の合戦においては、数に劣る三河徳川相手敗走してしまう。最期一族景鏡、重臣魚住景固らに迫られ、自害して果てた。

朝倉義景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/06 17:55 UTC 版)

朝倉 義景(あさくら よしかげ) は、戦国時代武将越前国戦国大名。越前朝倉氏第11代(最後)の当主。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 『若州武田之系図』『武田系図』では若狭武田家の出身として記されているのは確かだが、父に関しては異なっている。[1]
  2. ^ 言継卿記』では越前衆5000余が討死して大敗としている。[24]
  3. ^ 『越州軍記』では「先ず、式部大輔景鏡、出陣あるべきの旨、義景宣いける処に、所労もってのほかなる由にて立たず。魚住備後守は、江州丁野の城の番手にありけるの条、人馬をくつろぐべしとて、是も立たず」とある。[32]
  4. ^ このときの朝倉軍の潰走ぶりを
    「義景立出馬ニ乗玉ヘバ、右往左往ニサワギ、下人ハ主ヲ捨テ、子ハ親ヲ捨テ、我先我先トゾ退ニケル。此間雨降タル道ナレバ、坂ハ足モタマラズ、谷ハ泥ニテ冑ノ毛モ不見。泥ニ塗レテ足萎へ友具足ニ貫テ、蜘蛛ノ子ヲ散ガ如クシテ、其路五六里ガ間ニ、馬物具ヲ捨タル事足ノ踏所モナカリケリ。軍ノ習勝ニ乗時ハ鼠も虎トナリ、利ヲ失フ時ハ虎モ鼠トナル物ナレバ、草木ノ陰モヲソロシクシテ、シドロモドロニ退キケリ」
    と越州軍記にはある。
  5. ^ 「山の険阻を云ず馳重りける間、朝倉軍は或は谷へ堰落とされ、或は高岸より馬を馳倒して、其侭討たるる者もあり、唯馬具を抜捨て、逃伸とする者はあれども、返合戦はんとする者はなかりけり」(越州軍記)というような悲惨な状況だったと言われている。
  6. ^ 『越州軍記』には、この時の悲惨な状況が、
    「義景15日に館へ入せ玉へば、昔の帰陣に引替、殿中粧条寂莫として、紅顔花の如くなりし上籠達も、一朝の嵐に誘はるる心地、涙に袖をしぼり、夜の殿に入せ玉ひても、外の居もなし。寝頭に星を烈し武士老臣も、満天の雲に覆われて、参する人独もなかりければ、世上の事何とか成ぬらんと、尋聞かるべき便もなし」
    とある。
  7. ^ 足利義昭は他の多くの大名家に上洛を促しても無視されていた。仮に義景が上洛して義昭を将軍とするとなると三好家と事を構える事にもなり、当時の浅井・朝倉連合の実力ではこれを破って上洛する事は難しかったと思われる。[16]
  8. ^ 「殊更に、近江之国ハ、大方越前之領分ナレバ、岐阜え之道モ塞ガレバ、信長、纔一万之内ナレバ、叶ハジトテアツカイヲカケサせ給ひ、「天下ハ朝倉(義景)殿持給え。我ハ二度望ミ無」ト起請ヲ書給ひて、無事ヲツクリて岐阜ヱ引給ふ」(三河物語)。ただし、これは三河物語のみの記述であり、肝心の朝倉側の資料にはこのような記述はない。

出典

  1. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。47頁・48頁
  2. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。48頁。
  3. ^ a b c 『朝倉義景』吉川弘文館。49頁。
  4. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。50頁。
  5. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。53頁・54頁。
  6. ^ 宮永一美「戦国武将の養鷹と鷹書の伝授―越前朝倉氏を中心に―」(二木謙一編『戦国織豊期の社会と儀礼』吉川弘文館、2006年)
  7. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。225頁。
  8. ^ (『国吉城籠城記』)『朝倉義景』吉川弘文館。63頁・64頁。
  9. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。67頁。
  10. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。68頁。
  11. ^ a b 『朝倉義景』吉川弘文館。70頁。
  12. ^ 渡辺世祐「上洛前の足利義昭と織田信長」(初出:『史学雑誌』29巻2号、1918年/所収:久野雅司 編著『シリーズ・室町幕府の研究 第二巻 足利義昭』(戒光祥出版、2015年)ISBN 978-4-86403-162-2
  13. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。71頁・72頁。
  14. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。73頁・74頁。
  15. ^ a b 『朝倉義景』吉川弘文館。74頁。
  16. ^ a b c 『朝倉義景』吉川弘文館。76頁。
  17. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。77頁。
  18. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。79頁。
  19. ^ (『足利季世記』)『朝倉義景』吉川弘文館。80頁
  20. ^ (『国吉城籠城記』)『朝倉義景』吉川弘文館。86頁
  21. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。86頁・87頁。
  22. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。88頁。
  23. ^ (『革島文書』『信長公記』)『朝倉義景』吉川弘文館。89頁。
  24. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。96頁
  25. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。98頁。
  26. ^ (『言継卿記』『尋憲記』『信長公記』)『朝倉義景』吉川弘文館。100頁。
  27. ^ a b 『朝倉義景』吉川弘文館。104頁。
  28. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。112頁。
  29. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。113頁(『伊能文書』)
  30. ^ 耶蘇会日本年報
  31. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。116頁。
  32. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。117頁。
  33. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。119頁。
  34. ^ a b 『朝倉義景』吉川弘文館。120頁。
  35. ^ 桑田忠親『淀君』(吉川弘文館、1958年)25頁
  36. ^ 宮本義己『誰も知らなかった江』(毎日コミュニケーションズ、2010年)61-62頁
  37. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。89頁・90頁。
  38. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。98頁 - 101頁。
  39. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。170頁 - 172頁。
  40. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。66頁 - 67頁。
  41. ^ 『朝倉義景』吉川弘文館。175頁。
  42. ^ 『完訳フロイス日本史3』54章(本来の第2部32章)
  43. ^ 近江六角氏の養子に関する項目


「朝倉義景」の続きの解説一覧





朝倉義景と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「朝倉義景」の関連用語

朝倉義景のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エメラルド・シティ

護衛艦「はたかぜ」型

紙雛神雛

JR線以外

ルーフェンゴサウルス・フェネイ

ヴィッツ

べが

裏筋





朝倉義景のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
戦国武将覚書戦国武将覚書
Copyright (C) 2016 戦国武将覚書 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの朝倉義景 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS