日向国とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 日向国の意味・解説 

日向国

読み方:ヒムカ(himuka)

旧国名現在の宮崎県


日向国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/06 20:28 UTC 版)

日向国(ひゅうがのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。西海道に属する。




  1. ^ 成立当初の領域は、鹿児島県の本土部分も含む。
  2. ^ 日向の扱いには肥国説と熊曽国説がある。肥国説では、肥国の名「建日向日豊久士比泥別」に基づいて日向を含むと見る(西宮秀紀「記紀神話における日向」(『日本の神話 3 天孫降臨』(ぎょうせい)pp. 136-137)等)。一方熊曽国説では、筑紫国(筑前国・筑後国)、豊国(豊前国・豊後国)、肥国(肥前国・肥後国)として、残った日向・大隅・薩摩3国を熊曽国と見る(『日本歴史地名体系 宮崎県の地名』(平凡社)p. 27等)
  1. ^ 『日本書紀』景行天皇17年3月12日条(訓は『宮崎県の歴史』(山川出版社)p. 54による)。
  2. ^ 『日本書紀』推古天皇20年正月7日条。
  3. ^ a b c d e f g h 『日本歴史地名体系 宮崎県の地名』(平凡社)p. 56。
  4. ^ 『古事記』神代記。
  5. ^ 『先代旧事本紀』神代本紀。
  6. ^ a b c d 『日本歴史地名体系 宮崎県の地名』(平凡社)p. 27。
  7. ^ 『日本歴史地名体系 宮崎県の地名』(平凡社)p. 28。
  8. ^ 『宮崎県の地名』(山川出版社)p. 30。
  9. ^ 『国史大辞典』(吉川弘文館)日向国項。
  10. ^ a b c 『日本歴史地名体系 宮崎県の地名』p. 57。
  11. ^ 「旧高旧領取調帳」では明治5年に肥後国球磨郡から所属郡が変更された14村も児湯郡として記載されている。


「日向国」の続きの解説一覧

日向国

出典:『Wiktionary』 (2008/05/19 04:44 UTC 版)

固有名詞

ひゅうがのくに)

  1. 日本旧国令制国)のひとつ。現在宮崎県にあたる。

関連語





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日向国」の関連用語

日向国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

春日山古墳群

大戦モデル

照明電源車

BWR

FACOM 128B

引き振袖

オーリス

400形





日向国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日向国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの日向国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS