抽象とは?

ちゅう しょう ちうしやう [0] 【抽象】

( 名 ) スルabstraction
事物表象を,ある性質共通性本質着目し,それを抽(ひ)出し把握すること。その際,他の不要性質排除する作用(=捨象)をも伴うので,抽象と捨象とは同一作用の二側面を形づくる。 ↔ 具象(ぐしよう)具体 「意味或は判断中に現はれたる者は原経験より-せられたるその一部であつて/善の研究 幾多」 〔「哲学字彙」(1881年)に英語 abstract訳語一つとして載る〕 → 捨象


抽象

読み】:チュウショウ
【英】:ABSTRACTION

語源ラテン語のアブストラヘレ。対象構成要素のうち、或るものを他から切り離して、ひき出すこと。絵画彫刻においても、対象本質的要素選び出し描写する点において、多かれ少なかれ抽象の作用含まれるが、美術上この概念が特別な意義を持つようになったのは、1908年ヴォーリンガーが「抽象と感情移入」において、芸術根本衝動ひとつとして抽象衝動をあげ、これによって原始民族東方の諸民族の非抽写的な美術を正当に評価しようとしたことと、1910年カンディンスキーが、初め対象事物を描かない絵画発表し、1912年には「芸術における精神的なもの」において絵画への道のひとつのとして純粋抽象を論じたことに始まる。これ以降外的対象世界描写しない作品次々と現われ、非具象ノン・フィギュラティフ)、絶対、非対象、非再現などと呼ばれたが、最も一般的な呼称として抽象が普及した。また、抽象の出現により、それに対抗して再現的な表現総括するために具象概念が使われるようになった

抽象化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/13 05:53 UTC 版)

(抽象 から転送)

抽象化(ちゅうしょうか、: Abstraction: Abstraktion)とは、思考における手法のひとつで、対象から注目すべき要素を重点的に抜き出して他は無視する方法である。反対に、ある要素を特に抜き出して、これを無視したり、切り捨てる意味もあり、この用法については捨象(しゃしょう)するという。従って、抽象と捨象は盾の両面といえる。




「抽象化」の続きの解説一覧

抽象

出典:『Wiktionary』 (2011/08/22 13:27 UTC 版)

名詞

ちゅうしょう

  1. いろいろな表象などから、共通要素性質をぬきだし、一般的思考対象をつくること。

発音

ちゅ↗ーしょー

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
抽象-する





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

抽象に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「抽象」の関連用語

抽象のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

佐伯由香里

蕨野の棚田

マルコーニ

舞扇

アルファード

隅切り

ストロング・グリップ

TE450





抽象のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2017
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの抽象化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの抽象 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS