川越の時の鐘とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 日本の音風景100選 > 川越の時の鐘の意味・解説 

川越の時の鐘

埼玉県川越市

●よく聞ける時期
1年中1日4回(6時、12時15時、18時)と8月6日9日原爆投下時刻大晦日除夜の鐘

●よく聞けるところ
市街地北部。とくに幸町周辺

寄りみち
五百羅漢のある市内喜多院は、川越大師として親しまれている天台宗名刹時の鐘近く菓子屋横丁せんべいなどの駄菓子が並んで楽しい。

 川越小江戸と呼ばれ、古い蔵造り建物が並ぶ城下町だ。江戸の街とを結ぶ商人の町として栄え明治26年(1893)の大火以来蔵造り建物急増し、独特の町並み形成するようになった

 現在も仲町から札の辻にかけての一番街周辺に、これらの建物多く残り道行く人を楽しませてくれる。

 一番街中心部から少し東に入ると、川越シンボル時の鐘がある。寛永年間(1624〜1644)に川越城主・酒井忠勝によって建てられ、三五〇年にわたり、川越に時を告げてきた。現在の鐘楼は、大火翌年再建されたもの。最上階につるされた鐘は、今も1日に4回、6つずつ撞かれる。音色蔵造り町並み響きわたり、情緒豊かな音風景を演出している。川越の時の鐘

アクセス

電車バスJR・東東上線川越駅からバス10分、一番街下車徒歩1分。または西武新宿線本川越駅から徒歩15分。
マイカー関越自動車道川越ICから国道16号で4キロ市営幸町駐車場あり。

問合わせ先
川越市環境部環境保全課・埼玉県川越市元町−3−1、0492・24・8811(代表)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

川越の時の鐘に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「川越の時の鐘」の関連用語

川越の時の鐘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

博多祗園山笠の舁き山笠

チャグチャグ馬コの鈴の音

灘のけんか祭りのだんじり太鼓

三之宮峡の櫓の轟

東山植物園の野鳥

通潤橋の放水

山寺の蝉

寺町寺院群の鐘





川越の時の鐘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2017 Kankyosho All rights reserved.

©2017 Weblio RSS