周桑和紙とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 全国和紙産地 > 周桑和紙の意味・解説 

周桑和紙(しゅうそうわし)

所在地 愛媛県西条市
【主製品】 奉書紙画仙紙折手本用紙檀紙
伊予奉書歴史天保2年(1831)に、田中佐平翁が土佐より技術学び農家副業として村内広く指導したことに始まります。昭和24~25年頃には70軒ほどの生産者がありましたが、現在は5軒になっています。
全国的不景気のため、原紙出荷少ないのですが、業者年齢比較若く、はがき・封筒便箋金封など、生活に密着した商品化つとめています。
奉書檀紙全国シェアの90%以上生産しています。機械化せず、すべて手作業で行なっています。
周桑和紙
周桑和紙 周桑和紙




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「周桑和紙」の関連用語

1
4% |||||

周桑和紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

月山和紙

桐生和紙

小出和紙

小原和紙

越中和紙

越前和紙

伊予和紙

高野紙





周桑和紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全国手すき和紙連合会全国手すき和紙連合会
Copyright 2016 全国手すき和紙連合会 All rights reserved.

©2016 Weblio RSS