付加価値とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 付加価値 > 付加価値の意味・解説 

付加価値

【英】:value added

企業による事業結果として生み出された製品サービスなどの価値の中で、それぞれの会社がその活動自体から生み出し付け加え価値のこと。


付加価値の計算方法には、控除法と積み上げ法の2つがある。

控除
企業売上高から、他の企業が生み出し価値差し引いて(控除して)計算する方法。この場合差し引く「他の企業の生み出し価値」、つまり外部からの購入価値のことを、取引流れの中で自社前に位置する供給会社に対して給付したコストという意味で前給付原価という。具体的には、売上原価に含まれている原材料費、外注加工費水道光熱費消耗品費当期商品仕入高などがこれに該当する。棚卸資産がある場合には、それぞれに含まれる上記コストについて、期首期末増減分だけ調整する必要がある

具体的には以下のように計算する。
付加価値 = 売上高 −(原材料費 + 外注加工費 + 水道光熱費 + 消耗品費+ 当期商品仕入高)± 棚卸資産含まれる給付原価修正

・積上法
企業が生み出し価値である費用利益など、付加価値を構成する項目を加算して計算する方法

純付加価値 = 労務費人件費 + 賃借料 + 租税公課印紙代など)+特許権使用料 + 純金費用支払利息割引料 − 受取利息配当金) + 利払後事利益

利払後事利益 = 営業利益 − 純金費用
= 法人税等 + 配当金 + 役員賞与金 + 留保事業利益

粗付加価値 = 純付加価値 + 減価償却費

減価償却費を含めないで計算した付加価値を純付加価値減価償却費含めて計算したもの粗付加価値という。

■ 関連語
付加価値、純付加価値粗付加価値付加価値分析付加価値増加率労働生産性労働分配率従業員1人当たりの人件費

■ おすすめ科目

付加価値

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/24 03:06 UTC 版)

付加価値(ふかかち)とは、ある「もの」が有している価値と、それを生み出す元となった「もの」の価値との差のことである。一般的に、何らかの「もの」を使って新しい「もの」を生み出すと、元々の「もの」より高価値な「もの」となる。このようにして高価値となることについて「価値が付加される」という意味合いで、「付加価値」と呼ばれる。




「付加価値」の続きの解説一覧





付加価値と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

付加価値に関連した本

付加価値に関係した商品

「付加価値」に関係したコラム

  • 株365の相場を動かす経済指標は

    株365の銘柄を構成しているのは、日本、イギリス、ドイツ、中国の各国の主要株式です。そのため、各国の発表する経済指標には敏感に反応して値動きをします。例えば、その国にとってよい経済指標が発表されれば株...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「付加価値」の関連用語






6
付加価値税 国語辞典
100% |||||

7
従価税 国語辞典
100% |||||


9
100% |||||

10
100% |||||

付加価値のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




付加価値のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
グロービス・マネジメント・スクールグロービス・マネジメント・スクール
© 2014 GLOBIS CORPORATION All Rights Reserved.
グロービス・マネジメント・スクールMBA用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの付加価値 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS