上川崎和紙とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 全国和紙産地 > 上川崎和紙の意味・解説 

上川崎和紙(かみかわさきわし)

所在地 福島県安達郡上川崎
【主製品】 和紙
上川崎和紙 郷土史によればこの地の和紙起源は、「人皇第六十三冷泉天皇御宇上川崎川之端の舟渡し場のあたりで始められたとなっています。今から 1000年上前のことです。

その後二本松藩時代丹羽藩主産業振興立場から、紙漉き許可制にして奨励し、これが今日の上川崎和紙基礎となったといわれています。 さらに、明治中期から紙の需要が急激に伸び大判紙の製造にも乗り出し生産量大幅に上がったことから販路拡大し、上川崎手漉和紙飛躍的振興をみたといいます。

現在は、上川崎和紙振興組合に6軒が属し、副業として紙を漉いています。
上川崎和紙




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

上川崎和紙に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「上川崎和紙」の関連用語

上川崎和紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ちくさ雁皮紙

拝宮和紙

杉原紙

東山和紙

西島和紙

遠野和紙

越中和紙

美濃和紙





上川崎和紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全国手すき和紙連合会全国手すき和紙連合会
Copyright 2016 全国手すき和紙連合会 All rights reserved.

©2016 Weblio RSS