フォーミュラ4とは?

フォーミュラ4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/20 08:24 UTC 版)

フォーミュラ4(Formula 4、F4)は、モータースポーツの一カテゴリーである。フォーミュラカーレースの中でフォーミュラ3 (F3) の下位に位置し、以下に分類される。




[ヘルプ]
  1. ^ "JAF-F4王者の若手育成論とは。F4 PADDOCK NEWSにヒントあり". オートスポーツ. (2016年6月1日) 2016年7月18日閲覧。
  2. ^ a b c F4 2014年 レース車両解説 - TOYOTA Racing
  3. ^ a b c 2010年F4規則に関して - 日本F4協会・2009年9月28日
  4. ^ 2010年に登場する2つのJMIA 2リットルF4エンジン - 日本自動車レース工業会・2009年12月2日
  5. ^ a b F4 Paddock News Vol.4
  6. ^ 日本自動車レース工業会は、来期よりのF4への参入を推進します。 - 日本自動車レース工業会・2009年9月28日
  7. ^ JAFモータースポーツ公示・2012年1/2月号の「公示No.2012-006」を参照。
  8. ^ 「2013年度のF4レースの賞典・表彰」について - 日本F4協会・2013年3月3日
  9. ^ F4 PADDOCK NEWS 2014 Vol.1 - オートスポーツ・2014年6月9日
  10. ^ F4 レースシリーズに「国土交通大臣賞」が交付されることになりました。 - 日本自動車レース工業会・2010年3月5日
  11. ^ 代表のラルフ・ファーマン・シニアは元々ヴァン・ディーメンの創業者で、元F1ドライバーのラルフ・ファーマンの父親。
  12. ^ "ベルガー、F3の改革とF4カテゴリー創設を提唱". レスポンス. (2012年8月17日) 2016年1月23日閲覧。
  13. ^ a b FIA reveals Formula 4 plan - AUTOSPORT・2013年3月21日
  14. ^ 笹原右京、代役出場のイタリアFIA-F4で優勝 - オートスポーツ・2014年6月9日
  15. ^ http://www.fia.com/sites/default/files/basicpage/file/FIIII_plaquette_full_formula4.pdf
  16. ^ 税別、2014年8月の為替レートで換算。
  17. ^ GTA、FIA-F4の概要発表。童夢F110シャシー公開 - オートスポーツ・2014年8月29日
  18. ^ JMIA、FIA F4車両開発へ。15年からマーケット投入 - オートスポーツ・2013年11月28日
  19. ^ トヨタ自動車、2014年のモータースポーツ活動および支援計画を発表 - トヨタ自動車・2014年1月30日
  20. ^ FIA-F4シリーズの指定タイヤがダンロップタイヤに決定 - F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP・2014年12月16日
  21. ^ http://www.f4championship.com/pdf/F.4ITALY_TATUUS2014.pdf


「フォーミュラ4」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

フォーミュラ4に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フォーミュラ4」の関連用語

フォーミュラ4のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オオクワガタ

W61PT

刺しゅう枠

裁ち落とし

合わせ包み

足の関節

乳香

上顎骨





フォーミュラ4のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフォーミュラ4 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS